フルボ酸

ウェルビーイングwell-beingを求めてナチュラルに生きたいそんな願いと共にフルボ酸はできました。

地球の命(浄化、循環、再生)とも言われるフルボ酸を、ミヤモンテは独自の発酵方法で製造。

土壌に含まれるフルボ酸は生まれてから400年でほとんどが役目を終えてなくなります。 ミヤモンテフルボ酸は野菜と果物を原材料に製造している若いフルボ酸です。若いフルボ酸の特徴はミネラルをキレート化 (吸着)し活発に運搬します。 必要な栄養(ミネラル)を吸収し、不必要な成分(ミネラル)を排出する働きで知られています。 

私たちの体は地球の栄養分で育った動食物を摂取して生かされています。地球の浄化、循環、再生に重要なエレメンツフルボ酸は体内でも浄化、循環、再生を助け免疫力をアップに働きかけます。

*山の落葉樹の下で出来たフルボ酸の一部は雨で川に流され鉄と出会いフルボ酸鉄になり海に流され海の浄化を助けています。残された山のフルボ酸は落葉樹の分解を促進して土壌の中のミネラルを植物に運び植物の成長を促します。古い深い地層のフルボ酸は400年ほどでなくなりますが落葉樹の落ち葉の中では次々とフルボ酸が作られて生ます。